FC2ブログ
2012.07.21

選択論文の前日に

こんにちは。スマイラです。

明日は弁理士試験の論文式試験の後半戦の選択科目の試験があります。
選択科目の試験には、免除制度というのがあり、たとえば理系科目の大学院卒や、行政書士、司法書士、などは、免除されます。

私は何の免除資格もなかったので、選択科目である著作権法を受けました。
結果として、この選択科目の論文試験を、一番多く受けることになってしまいました。

受験生や弁理士以外の人には分かりにくいかと思いますが、私の受験歴は、短答試験2回、論文必須科目2回、論文選択科目3回、口述試験1回、というものです。

言い訳をするわけではないのですが、論文試験の二年目は、当時中学二年の長男が学校を休みがちになり、家庭内が大変な時期でした。
ちょうど試験前に勉強どころではない状態になってしまい、今年はもう無理だ、と諦めていましたので、選択は落としたものの、必須科目の免除を得ただけでもラッキーという感じでした。

これは、決して苦労自慢で書いているのではありません。
私だけでなく、多くの受験生も、言わないだけで、何らかの困難や難局を乗り越えて合格を勝ち取っている、ということを、今の(弁理士試験に限らず、いろんな試験の)受験生に伝えたいがために書いています。
特に、弁理士試験のような長丁場の試験では、順風満帆だけで合格に至る人は、ほとんどいないんじゃないかと思います。

それはさておき、最後の一年間は、選択科目を残してしまったので、著作権法の勉強ばかりしていました。
もちろん一年でも早く合格できていればそれが一番良かったのですが、今にして思えば、選択科目を一年間没頭して勉強できたのは、負け惜しみではなくて、良かったと思っています。

というのも、仕事で著作権法の知識があることにより助けられていることが、ものすごく多いからです。

一年間、著作権法の勉強に打ち込み、いろんな問題を答練などでやり、著作権法を取らなかった人ならあまり目にしないような条文まで読んだことで、基礎がしっかりできたと思っています。
だから、お客さんからのいろんな質問にも、たとえば商標や意匠がらみの質問にも、著作権との違いを交えて説明していくことにより、理解していただきやすくなっている、という実感を得ています。

もちろん、著作権ダイレクトの質問にも、根拠をきちんと示して、ご説明差し上げることができます。

それもこれも、受験生活最後の一年間で、懇切丁寧に(又はビシビシと、笑)鍛えて下さったH先生のおかげと感謝しています。

大好きな伊丹十三のエッセイの、たしかあとがきに、「私はただの空っぽの入れ物に過ぎない」というようなことが書いてあったと記憶しています。

今の私も、いろんな方に教えていただいた知識の入れ物にすぎません。
そういう人たちなしには何も成せなかったと、一年前を振り返って、しみじみ思っています。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

Posted at 20:16 | 弁理士試験 | COM(0) | TB(0) |
2012.06.30

論文試験

こんにちは。スマイラです。

明日は、弁理士試験の二次試験があります。
二次試験は論文試験で、必須科目と選択科目の二回に分かれています。
明日は必須科目の方で、選択科目はその三週間後に試験があります。

必須科目は弁理士として絶対に必要な知識である「特許法・実用新案法」「意匠法」「商標法」の三科目についてです。
特許法・実用新案法については二時間で二問の、意匠法、商標法については、それぞれ一時間半で一問の論文を書きます。合計五時間ですから、ほぼ一日中、字を書き続けるような状態になります。

初めてこの論文試験の模擬試験を受けたときは、長いわ、最後の商標法で指は痛くなるわ、翌日はぐったりしてしまうわ、で、こりゃエラい試験だ、と思った記憶があります。
でも、人間慣れるもので、終わってみれば、何とかなってしまいました。

私はこの論文必須を二回受けました。一回目は散々な評価でしたが、二回目は受かりました。だから、去年の評価が多少悪かった人も、全然気にする必要はないと思います。

論文試験だけではありませんが、私が試験を通じて一番気をつけていたのは「オウンゴールをしない」ということです。しなくてもいい積極ミスで点を下げるほどつまらないことはありません。

明日試験を受ける人たちは、せっかくここまで苦しい勉強を積み重ねてきたのでしょうから、その成果が十分に試験委員に伝わるように、つまらないオウンゴールだけはしないでほしいと思います。

それと、試験を受けてきた実感として、熱意は試験委員の先生に伝わる、と私は思っています。ただ、論文試験では、それを伝える術は、答案しかありません。自分の熱意の伝わる悔いのない答案を書いてきて欲しいと思います。

ついでに言えば、文面で熱意や誠意を伝えるというのは、弁理士の仕事をしていく中でも必須の重要な技術だと私は思っています。

明日の試験は、私の後輩や知り合いも何人か受けます。
彼らがこの文を試験前に目にすることはないでしょうが、応援の意味を込めて書きました。

みんな頑張れ!
最後の「ヤメ」まで絶対に諦めちゃダメだよ!!

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!



Posted at 19:30 | 弁理士試験 | COM(0) | TB(0) |