--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.25

少子化の何が悪いの?

こんにちは。スマイラです。

昨日の交流会では、最近赤ちゃんが生まれた人と、一月に赤ちゃんが生まれる予定の人と、お会いしました。

赤ちゃんが生まれるというのは何につけてもおめでたいことですし、これから赤ちゃんを育てられるというのは、ちょっとうらやましい気もします。
「じゃあ、もう一回育ててみる?」と本気で言われたら、断ってしまいますけど(笑)。

少子化ということがずいぶん前から言われていますが、冷静に考えてみると、少子化の何が問題なんだろう?と思います。
「いや、こういうことが問題でしょう」ということを聞きたいのではありません。
「少子化が問題だ!」という人たちは、本当は何が言いたいの?ということを聞きたいのです。

私は、「少子化」という言葉はまやかしだと思っています。

本質的な問題は「高齢化」の方にあるのに、寿命をコントロールすることはできないし、高齢者は票になるし、そもそも政治や社会を動かしている人たちが今まさに、か、もうちょっとで「高齢者」ですから、だったら選挙にも行かない、物も言わない若い奴らのせいにしてやれ、という論理で「少子化」といっているような気がしています。

だから「少子高齢化」というならまだしも(それでも「少子」はいらないでしょ、と私自身は思いますが)、そこから「少子化」だけが一人歩きしていくのはちょっとおかしいのではないか、と考えています。

昨日もお二人と、私と妻の育児の特に幼児期の経験をお話ししました。

外国を全然知らない私ですが、こんなに子供を育てにくい国が他にあるだろうか、と思っていました。
もちろん今でも思っています。

スミマセン、今日はちょっと時間がないので、続きは明日書きます。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/65-09556163
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。