--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.18

狩猟本能

こんにちは。スマイラです。

昨日、今日と、空き時間を使って、次男にせがまれて釣り道具屋に行ってきました。
昨日は、その帰りに市の図書館に行き、釣りの本を何冊か借りてきました。
今日は、帰りに多摩川まで自転車で走り、川の様子を見てきました。誰か釣りをしている人がいたら、どんな様子か聞こうと思って行ったのですが、釣りをしている人は一人しかいなくて、ちょっと聞きにくい雰囲気だったので、写真だけ撮って帰ってきました。

IMAG0143_convert_20120818225255.jpg
多摩川を調布方向から府中方向に見た夕景です。

釣り道具屋に足を踏み入れたのは、もう何十年ぶりぐらいだと思います。
通っていた小学校の真ん前が川だったこともあり、子供のころは、いろいろな遊びのちょっとした空き時間で釣りをしていたものですが、中学、高校、大学と進むにつれて、こういう自然相手の遊びからはどんどん遠ざかっていったように思います。

社会人になった後は、ちょっとだけ釣りをしていた時期もありました。
そのころはよく釣り道具屋に足を運んでいましたが、最近では家族旅行に行ったときに、観光地の釣りをするぐらいでした。

次男にせがまれて、何十年ぶりに行った釣り道具屋でしたが、思ったよりお客さんが多いのに、まずびっくりしました。
お客さんはみんなディープな釣りマニアのようで、ちょっと大丈夫か、というぐらい、皆揃いも揃って日に焼けています。他人事ながら、将来の皮膚がんをちょっと心配してしまいます(笑)。

一番安い釣竿と、一番安い毛ばりを、誕生プレゼントとして、次男に買ってあげました。
次男の誕生日は9月なのですが、夏休みの方が釣りには行きやすいので、まあ、ちょっと甘いのですが、良しとしました。

昔、テレビかラジオで、YMOの高橋幸宏さんが、神経症にかかったときに、お医者に釣りを勧められた、という話を聞いた記憶があります。
釣りは人間の狩猟本能を刺激するので、その間は釣ることだけに集中し、他のことに煩わされることがなくなって、いいのだそうです。

次男が何か他のことに煩わされているとは到底思えませんが(というより、釣り釣り言ってないで、勉強とか、夏休みの宿題とかにもうちょっと煩わされてほしいと思いますが、笑)、もしかしたらそういった狩猟本能のようなものの目覚める年齢なのかもしれません。

そういうものを無理に押さえつけないで、伸び伸びと発揮させてやるのも、男の子の成長過程においては必要なことなのかもしれない、と、早すぎる誕生プレゼントを買ってあげた自分自身を納得させています(笑)。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/58-b16776f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。