--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.11

過去から未来

こんにちは。スマイラです。

明日は出張に行ってきます。

営業時代に一緒にお仕事をしていた方が、人事異動で知的財産権の担当に変わったとのことを、これも以前一緒にお仕事をしていた方と6月ぐらいに会った時に聞きました。
この知財つながりも何かの縁、と思い、その方にメールを入れたところ、快い返事をいただき、近いうちにお伺いしよう、と思ってはいたのですが、退職や開業準備などで追われているうちに8月になってしまいました。

その方も、知財関連部署にいますので、弁理士試験受験に興味を持ち、いろいろ調べてみたりしたことがあるそうなのですが、範囲も広く、難しそうだったのでやめた、とのことでした。
その分(というのも変ですが)、私の合格に相当びっくりしたらしく、ずいぶん感心してくれました(笑)。

私の以前の仕事(というのは、特許事務所ではなくて、新卒後初めて就いた仕事ということですが)は、印刷物、特に販促物等を営業する仕事でした。
しかし、担当者が少なかったため、営業だけではなく、下請けさんと一緒に物を作っていくというようなことまでしていました。
当時はまだバブルの余韻が残っており、仕事はかなり多く、納期も(これは今も同じかもっと酷いのかもしれませんが)厳しいものでした。

ですから、我々営業マンも、下請けさんの工場や、内職屋さんの作業場に入り、納期に間に合わせるため、一所懸命お手伝いをしていたことを、昨日のことのように思い出すことができます。
徹夜もしょっちゅうしていました。
工場の積み重ねたダンボール箱の上(もちろん組み立てる前の箱ですよ!)で仮眠を取ったこともあります。
真夏の、寒暖計が振り切れている、成型機の隣の50度以上の気温と高湿度の中で何時間も作業をしたこともあります。
「したこともあります」なんて書くと、たまたまそういうこともあったかのように思われるかもしれませんが、実際はしょっちゅうでした(笑)。
若かったからできたとも思いますが、今思い出しても過酷だったなあ、と我ながら思います。

けれども、20代の若い時期に、そんな風に同じ環境で仕事をした人たちとは、今でも相通ずるところがあって、仲間意識みたいなものは、普通のサラリーマン同士より強いのかもしれません。

あの頃からもう20年近く経ち、私も含めて、昔のこんな辛くも楽しかった仕事の蓄積の上に、みんながそれぞれの道で仕事をしています。

そんな思い出話も含めて、明日はのんびり話をすることができたらなあ、と思っています。
明日の再会が、過去から未来につながるいい機会になることを楽しみにしていますし、そういう機会を作ってくださったことに心から感謝しています!

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/51-bba2263c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。