--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.09

これがW杯・・

こんにちは。スマイラです。

今朝のブラジル対ドイツの試合、見られた方も多いかと思いますが、本当に驚きました。

私はちょっと寝坊してしまって、試合開始からしばらくしてからテレビをつけたのですが、その時点で5対0でした。

まさかこれがブラジル対ドイツの試合の得点とは思いませんでした!

シュート本数かな?と思ってみていましたが、数分のうちにこれが今の「現実の」点差なのだとようよう理解しました。

しかしまあ、どっちが勝ってもおかしくないとは思っていましたが、まさかブラジルが7点も取られるとは・・。

ブラジルも、王国の意地、開催国の意地で、最後の最後にドイツに一矢報いましたが、時すでに遅すぎましたね。

ネイマールの抜けた穴は想像以上に大きく、余人を以て代え難かったということだったのでしょうか・・?

競馬をやってると年中のことですっかり慣れっこになってしまっているのですが(まあ、それも考えものですけど(笑))、スポーツ全般については、それがどれほど見識のある人のものであったとしても、予想なんて本当に当てにならないものです(いえ、実際はどんなに見識のある人の意見であっても、スポーツ以外のいかなる未来予想も本質的に信じるに足りないものです)。

実は、私の手元には2002年のW杯日韓大会のムックがあります。

その中にサッカー評論家や選手や今はJリーグの監督になっている人などの予想が載っています。

ほとんどの人が優勝は「アルゼンチン」と予想しています(実際はブラジル優勝、ドイツ準優勝)。

こういう予想外のことは、スポーツ、特に団体スポーツではあって当たり前、ないのが不思議ぐらいに思っておいた方がいいのだと思います。

今朝の試合は、ブラジルファンの方にとっては残念至極でしょうが、こういう意外性さえも楽しんでしまうというのも、W杯をはじめとするスポーツ観戦の楽しみ方のひとつなのかもしれません。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/500-cef511a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。