--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.07

号泣する準備はできていた

こんにちは。スマイラです。

今や日本一の有名人になったのではないかと思いますが、兵庫県議の野々村議員が大変な話題になっていますね。

まあ、あそこまでやれば話題にならない方がおかしいって感じですが、いつ見てもホントに笑える映像ですよねー。

私はテレビをつけると突如として顕れるあの映像と大音声に、何回大笑いさせてもらったか、もう数えられません。

都議のヤジといい、県議の号泣といい、どうもここら辺の地方議員というのは、マスコミも国会議員ほどに多くを伝えませんし、なまじっか国民というか都民というか県民というか、の目が行き届かないところにいるせいか、何だかとんでもない人たちの巣窟になっているような気がしてきました(笑)。

まあ、一言でいってしまえば、ヤジさんも号泣さんも、恐ろしく精神が幼稚で未熟ですよね。

成熟ってのは、簡単に言えば、縦横に時間と空間の想像力が広がることがその一面ではないかと思いますが、この人たちは半世紀前後も生きているにもかかわらず、その場しのぎというか、今のこの場だけ何とか終わればいい、という甘っちょろい了見が見え見えで、いい歳をして世界観の広がりのないことには、ただただ驚くばかりです・・。

民主主義の恐ろしいところは、あんなひと目見て「おかしいんじゃない?」と思わせるような議員であっても、ちゃんと一定数の都民なり県民なりの得票を得たからこそ、その地位にいるってことですよね。

さらに言えば、なんだかんだ批判したり文句言ったりしたところで、彼らの懐には私たち都民や県民の税金が定期的にきっちりと振り込まれているってことですよねー。

しかしまあ、私が思うに、あの号泣会見で一番割を食ったのはお笑い芸人じゃないですかね?あんな笑いを取れる号泣芸をぽっと出の素人にやられてしまっては、プロのお笑い芸人は形無しですよ(笑)。

まあ、号泣さんの所業はこれから詳らかになっていくでしょうが(それとも「産んでみろヤジ」のように、うやむやで終わってしまうかな・・?)、今の私にとっては、ちょっと気持ちが沈むようなときでも、「このぉーー・・世の中をぉーー・・、うわあぁーーー!!」という映像を思い出すだけで一瞬のうちに笑えて、楽しい気持ちにさせてもらえる、ある意味リーズナブルな気分転換になっています(笑)。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/499-636dc455
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。