--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.05.03

天皇賞・春

こんにちは。スマイラです。

明日は京都競馬場で天皇賞・春が行われます。
DSC_0035_convert_20140503221700.jpg
これは東京競馬場です・・。

なかなかの豪華メンバーが揃いましたが、今回は14番のキズナで行けるんじゃないでしょうか?

先日の「情熱大陸」という民放のテレビ番組でも取り上げられていましたが、キズナは去年のダービー馬(ダービーを勝った馬を敬意を込めてこう呼びます)です。

私はキズナが勝ったダービーを東京競馬場で見ていましたが、2着のエピファネイアからの馬券を買っていたということを抜きにしても(笑)、正直、レース前もレース後も、キズナがそれほど強いとは感じませんでした。

強い馬のレースを見たときは、「この馬、どうなったら負けるんだろう・・?」と呆気にとられることがしばしばあります。

これまで私が見た例では(競馬ファン以外にはまったく馴染みのない名前ばかりだと思いますが(笑))、ミホノブルボン、ナリタブライアン、サイレンススズカ、タイキシャトル、ディープインパクトなどはそういう印象を持ったものでした。

しかし、キズナのダービー後にはそういった印象はまったく持てなかったのでした。

ダービー馬は一般に、夏を休んで越して、秋には菊花賞に参戦することが多いのですが、去年のダービー馬のキズナはフランスに渡り、当時の日本最強馬であったオルフェーヴルとともに凱旋門賞に参戦しました。

凱旋門賞は、オルフェーヴル2着、キズナ4着という、残念な結果でしたが、この経験がキズナにとっては良かったんでしょうか、日本帰国後初戦になった去る4月の産経大阪杯では、見違えるような堂々たる競馬で強さを見せました。

このレースを見たときに「キズナはこのメンバー相手なら何回レースをやっても負けないだろうな」と思いましたし、「これだけ余裕の競馬ができるんなら、この馬はしばらく負けないかもなあ・・」と思ったものでした。

明日の天皇賞では、これまでキズナが対戦したことのない強い馬も出てきますが、今回はキズナと武豊の天皇賞ではないかと思っています。

ちなみにキズナも、以前の桜花賞のときにこのブログに書いたハープスターと同様、お父さんはディープインパクトです。

ディープインパクトも武豊騎手で天皇賞春を勝っていますから、今回武豊とキズナのコンビが勝てば、同騎手・同レースの父子制覇になります。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/490-a5ac00d0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。