--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.13

天才少女

こんにちは。スマイラです。

IMAG1988_convert_20140413231924.jpg
ジョギング中に撮った梨の花と
IMAG1973_convert_20140413232026.jpg
チューリップの花です。

さて、昨日のブログに書きましたが、今日は阪神競馬場で桜花賞がありました。

ご存知の方も多いと思いますが、断然人気に応えてハープスターが勝ちました。

スタートから4コーナーまでは一番後ろにいて、どうなることかとハラハラしましたが、直線に入ってから、どの馬にも邪魔をされない大外(一番外側のコース取りのことを競馬の世界ではこういいます)を通って、前を行く17頭をまさにごぼう抜きして優勝しました。

評判の天才少女が初めてのG1タイトルを取った瞬間でした。

約1ヵ月半後には東京競馬場で3歳牝馬の頂点のレースであるオークスが行われます。

順調であればハープスターはそこに出てくると思いますが、阪神競馬場より最後の直線がずっと長い東京競馬場であれば、今日のレースのように全馬を抜いたあとに、さらに他馬を引き離していくんじゃないでしょうか。

桜花賞は3歳牝馬が争うレースです。3歳は人間でいうと中学生から高校生ぐらいといわれており、これぐらいの時期に強い牝馬は「天才少女」とよく呼び習わされます。

昨日も書きましたが、今回桜花賞を勝ったハープスターの祖母のベガも、3歳当時(ベガの現役当時は年齢の数え方が今と違っていて4歳だったのですが)は「天才少女」といわれていたものでした。

かつての「天才少女」ベガは、20年余の時を経て、今日「偉大なおばあちゃん」になりました。ベガを応援していた身としては、これが一番嬉しかったなー。

こういう「時の巡り」があるというのは「ブラッドスポーツ」といわれる競馬のひとつの魅力でもあります。

普段私は血統というのはほとんど重視しないのですが、今日ばかりは「ベガの血が爆発!」と思ったものでした。

もっとも、そういう私の思い込みとは別に、ハープスターのレース振りはおばあちゃんのベガというよりお父さんのディープインパクトそっくりでしたけどね(笑)。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/478-06b86610
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。