--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.28

「理想の人生」論

こんにちは。スマイラです。

昨日は午後4時からお客さまと打合せをしました。
打合せが終わり、時計を見ると、6時40分を回っており、2時間半以上打合せをしていたということになります。
2時間半も打合せをしたら、さぞ疲れるだろう、と思われるかもしれませんが、疲労はまったくなく、むしろ充実感がものすごく大きいというのが、私の実感です。

私が今、お話をさせていただいているお客さまのほとんどは、これまで知的財産権にほとんど接したことのなかったお客様です。
ですから、時間が多少かかるのは、まったく仕方のないことです。
それよりもむしろ、知的財産権の有効性や活用法や印象やメリット・デメリットが、私の説明によって、かたち作られてしまう、というところに、ものすごい責任感とやりがいを感じています。

私の説明が拙ければ、知的財産権の負の面ばかりを感じさせてしまったり、逆に知的財産権なんて当社にはまったく不要、という、将来に禍根を残す状態で話を終わらせてしまう虞もあります。

そうならないためにも、自分のこれまでの経験や知識を総動員して、決して自分の利益に誘導することなく、プラス面もマイナス面も、できるだけフラットな状態で伝えなければいけない、と気をつけるようにしています。

以前、勤務していた大事務所時代にも、お客さまに説明する機会というのはしばしばいただいていましたし、お客さまからおほめの言葉をいただいたこともありました。
しかし、当時のお客さまは、日本を代表するような名立たる大企業の知的財産関連部門の方がほとんどでしたから、普通のお仕事をされている方々よりは、知的財産権についての知識も深い方ばかりでした。

しかし、今は、必ずしもそうではありません。知的財産権があるとどういういいことがあるのか?ないと、どういう困ったことが起こるのか?といったところから、できるだけ分かりやすくご説明をさせてもらっています。

自分で言うのもどうかと思うのですが、私は、ずいぶん前から、平易な言葉で概念的な説明をするのが比較的得意な方だと思っていましたし、好きな方でした。

自分がたまたま持ちえた特質を活かして、人に感謝されたり、お役に立てたり、というのは、人生の一つの理想形だと私は思っていますし、そういう機会を与えてくださる方がいらっしゃるというのは、本当に幸せなことだと思っています。

これからも、多くのお客さまが、知的財産権を理解し、活用できる助けができるよう、自分自身が力を付けていかなければいけないな!と気を引き締めています。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/37-26031c79
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。