--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.24

やってみよう!

こんにちは。スマイラです。

この前の日曜日に、次男の日本拳法の試合がありました。
私は所用で見に行けなかったのですが、日頃のトレーニングの成果が出て(笑)、3位になったようです。
賞状と小さな楯をもらい、喜んでいました。

筋トレもそうですが、人間が自信を付ける方法というのは、たくさんあるようでいて、実際は「行動」「実践」以外ほとんどないと思います。
ということは、自信を付けるためには、たとえ自信が無くても、やってみて、効果を測定してみる以外にありません。

では、失敗したら自信を失ってしまうか、というと、経験上、そんなことはないのではないか、と思います。

10段階の3ぐらいの失敗と、10段階の7ぐらいの失敗では、自信の度合いは違ってくるでしょうが、何かを経験した以上、何も残っていない、つまり、0ということはありません。少なくとも「やった」という事実は残るのですから。

「おれは逃げずにやった、チャレンジした」というだけでも、それが大きな自信につながることはよくあることです。

私自身、この世界に全くの未経験で異業種から飛び込みましたから、もとより自信はゼロでした。
というより、無くて当然(笑)でしたから自信の有無なんて、考えたこともありませんでした。

そんな中でいろんな人に教えてもらい、こうするとうまくいくんだ、こうするとなかなか伝わらないんだ、という、おびただしい数の経験をしてきて、今、この分野の仕事なら何とかお金をいただけるかな、というぐらいの自信を得ることができました。

「やったことがないので・・・」と尻込みする人を、最近、特に若い人で見かけます。無論、そこそこ歳を取っていても、そういう人はたくさんいます。

「やったことがないからやらない・・・」ではなくて、「やったことはないけど、やってみよう!」と思った方が、自分の経験からも長い目で見て得ですし、年長者は、若い人たちがそういう気持ちを持てるような雰囲気を作ることが大事じゃないかな、と思います。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/33-40f3b513
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。