--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.06

悪口の法則

こんにちは。スマイラです。

とうとうゴールデンウィークも終わりですね。

今日は特に用事もなかったので、家で一日遅れの柏餅を食べたりしていたのですが、夕方から近くのカフェに行って本を読んでいました。

少しすると、隣の席に、女性の二人組が来ました。

こちらは本を読んでいたし、まったく聞く気はなかったのですが、その店は狭く、隣の席との間隔も近い上に、二人の声がかなり大きいので、話しが丸聞こえになってしまいました。

話しの内容はともかく、この二人は、私が帰るまでの1時間位、ずうっと誰かの悪口を言っていました(笑)。

「何が楽しくて生きてるんだろう?」とか「あの人の実家は資産家らしい」とか、この二人にかかると、人生のどのような事象も悪口に生まれ変わります。

途中からは、その鮮やかな手口に、ちょっと笑いそうになってしまいました。

それはそれとして、悪口にはいくつかの法則があることに気がつきました。

ひとつは「誰かが悪口を言うとき、その反対意見を出すことは極めて困難かつ稀であること」です。

もうひとつは「悪口は、自分が俎上に上げられることを想像させること」です。

帰ろうと思って席を立ったときに、こっちをじろじろと見られたので(自意識過剰といわれるかもしれませんが)「この人たち、この後、おれの悪口を言うのかな・・?」と被害妄想になってしまいました(笑)。

それは極端としても、悪口を言う人は「自分がいないところでは自分のことを言ってるんじゃないか?」と思われる、ということです。

私は、彼女らの知り合いでも何でもないので、俎上に上がった可能性は低いと思いますが(でも、あの勢いからすると分からないなー)、彼女らはそれぞれ別にいるとき、お互いの悪口を言っているんじゃないの?と少々意地悪なことを思ってしまうぐらいの、悪口雑言のオンパレード、というより、悪口というか恨み辛み以外の言葉のない会話でした。

この法則が真実なら、悪口をいう場にいないようにすることはもとより、しょっちゅう悪口を言っている人とはなるべく疎遠にして、付き合わないようにするしかないですね。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/321-255d64bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。