--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.29

お茶ってウチで入れられるの?

こんにちは。スマイラです。

昨日の朝日新聞の天声人語に、ちょっと俄かには信じがたいことが書いてあり、びっくりしました。

お茶を自分の家でいれることができるということを知らない人がいたり、急須が何であるかを知らない人がいる、という話です。

こんなことも書いてあります。

「福岡県立高校の家庭科教諭が生徒にアンケートしたら、冬に家で飲むお茶を『急須でいれる』と答えたのは2割しかなかった。授業では急須を直接火にかけようとする生徒もいたという」

今はどこに行ってもペットボトルのお茶が出てきますし、実際、飲む頻度も高いのだと思いますが、ちょっとびっくりです。

ウチでは、お茶はもちろんのこと、コーヒーも豆で買ってきて、淹れる前に挽くようにしていますし、ご飯も余裕さえあればご飯用の土鍋で炊くようにしています。

それは別に、文化を守るとかいうより、単純にそっちの方が美味しいというか、私の口に合うからです。

私が生まれてからの数十年を振り返っても、消えていったものはたくさんありますが、お茶がその標的になるとは思ってもいませんでした(笑)。

これは善し悪しの問題ではありませんし、下手なことを言えば「物言えば唇寒し・・」という感じになりそうではありますが、でも(そんなことは絶対にありませんが)たとえばもしウチの子たちが「え、お茶ってウチでいれられるの?」とか、「急須って何?」なんて言っている光景を想像したら、さすがに「ちょっと寂しいなあ・・」とは思ってしまいますねえ・・。

そんなのは感傷に過ぎないと、よーく分かってはいるのですが・・。



ご相談はこちらからどうぞ!
お待ちしています!
多摩、府中のブランド・ネーミングなら
スマイラ特許事務所
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/223-20efb731
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。