--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.15

国、道外すことなかれ

こんにちは。スマイラです。

今日は、ビジネス著作権検定のセミナーを受けてきました。

この試験を受けるつもりはないのですが、無料だったので(笑)、これまでの復習と、著作権のビジネス活用の勉強も兼ねて受講しました。

朝10時から夜6時までの長丁場で、その後、懇親会にも参加したので、ちょっと疲れてしまいました(笑)。

それはそれとして、明日はとうとう衆議院議員選挙ですね。

今、長女に読ませるために、学習漫画の「日本の歴史」を連続で借りてきては、自分も読んでいます。

学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット
(2010/04/13)
岡村 道雄

商品詳細を見る

これを読むと、日本が(実際は日本に限らず、諸外国もそうですけど)どんなときにどのようにして、おかしな道に入っていってしまうのかがよく分かります。

そして、それは、政治家だけではなく、国民が大いに後押ししていることもよく分かります。

国民の日々の生活に行き詰まり感が出てくると、国民の間に「スカッと爽やか」な解決策(とはいえ、これは何の解決にもならない策です)を求める機運が高まってきます。

政治家は、その国民の声に応えるような振りをしながら、何とか国民の目を自分たちではなく、他所に向けようとします。

その結果としてなされるのは、ものすごく簡単に言うと、今の学校での「いじめ」のようなものです。
まったく因果関係のない、弱い他人(または他国)を見つけて叩くのです。

私たちは、学ぶべきですし、知るべきです。
今の問題山積の日本で、コカ・コーラのような「スカッと爽やか!」な解決策なんてないんだ、ということを。

一発逆転を狙うのではなく、進んでいるのか、退いているのか、よく分からないぐらいの小さな一歩一歩を、踏みしめ、踏み進めるしかないのだ、と気がつき、覚悟を決めたときに、いろいろな問題解決の糸口が一気に見えてくるのだ、と私は思っています。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
ホームページを開設しました!ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/178-f75ed2d0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。