--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.12

がんばれ!大谷翔平!

こんにちは。スマイラです。

日本ハムがドラフトで1位指名した大谷翔平選手が、とうとう日本ハムに入団することになりましたね。
大谷、日本ハム入団表明!北海道から世界一へ

私は、本拠地を北海道に移す前からの日ハムファンですから、大いに応援したいと思っています。

それはそれとして、大谷選手が日ハム入りを決めたことについて、各方面から批判や非難があることに、私は本当にびっくりしています。

いや、これは、日ハムファンとかそういうこと抜きで、です。

ドラフトの詳しい制度はよく知りませんし、この世の制度で全く問題のないものなんてほとんどないんでしょうから、それを批判するのは、何となくですが、分からないでもありません。

でも、その批判の矛先(のたとえ一端でも)が、弱冠18歳の少年に向かってしまうというのはどういうものなんでしょうか?

メジャーに行きたいといっていたのに云々、というようなことを言う人もいますが、18歳の少年が夢を語ることの何がいけないんでしょう?

そこに多少の勘違いや誤解や甘い見立てがあったとしたって、いいじゃないですか!

あるときは「若者よ、夢を持て!」といい、持てば持ったで「考えが甘いぞ!」といい、考え直し始めると「最近の若いヤツには思い切りがない!」「一度言ったことは変えてはダメだ!」「反対されたぐらいで止めるのか?」というようなオッサンばかりの国で、若者はどうすればいいんでしょうね・・?

大谷選手は、ウチの長男とほぼ同世代です。

それを思うと(無論、ウチの長男とは比較にならないぐらいオトナだとは思いますが、とはいえ18歳の子ですから・・)、この報道や批判や非難の嵐(特に、プロ野球OB諸氏は、もう少しの配慮ができないものなんでしょうか?)には、まったく他人の私でも、同世代の子を持つ父親として、胸が押しつぶされるような思いを感じています。

大谷選手にもし声を掛けられるのなら、一人の日本人のおじさんとして「情けないけど、これが日本のオッサンのレベルなんだ。すまない」と謝りたいぐらいです。

そして「でも本当は、がんばれ!と思っている大人の方が、見えないかもしれないけど、ずっと多いんだよ!」と言いたい。

日本ハムには、稲葉、ダルビッシュ、中田など、いい先輩が多いと思うので、変な外部の声には耳を貸さずに、自分の夢に向かって、精一杯頑張ってほしいと願っています!

日本をちょっとでも良くしようと思ったら、夢をこれから実現しようとしている若者たちを全力で応援するようにしないと、絶対ダメですよ!

歳を重ねた者の、まず、なすべきことは、応援することであって、邪魔することじゃあありません。

いや、これは、日ハムファンとか、そういうこと抜きにして・・(笑)。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
ホームページを開設しました!ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/175-59cee708
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。