--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.25

危険な高齢者

こんにちは。スマイラです。

今日はえらい目に遭いました。

外出する用事があったので、自宅から少し離れた駅に自転車で向かいました。

もう、駅が目の前というところで、信号が赤になったので、信号待ちをしていると、後ろから走ってきた、いい歳をしたおばあさんの自転車に、私の自転車の後輪部を、ほぼ真横から思い切りぶつけられました。

まさか、ガードレールのところで信号待ちをしている側面後方から突っ込まれるとは予想もしていなかったので、一瞬、何が起こったのかわかりませんでした。

というより、車も含めて、後ろからぶつけられたのは、これが初めてです・・。

しかし、そのおばあさんは「ごめんなさいね」とへらへら笑いながら、走って去っていってしまいました。

さて、と、自転車を動かそうとしたら、後輪がまったく動きません。
後輪のホイールが、フレームから外れてしまっていたのでした。

クイックレバーを緩めて、何とか動く状態にまでして、駐輪場にとめ、電車に乗りました。

帰りに自転車に乗ると、動くことは動くのですが、いつもとは全然違い、まったくスピードが出ません。
自転車屋さんを見つけて見てもらったところ、ホイールが曲がっていたので、直してもらい、(今のところは)事なきを得ました。

あのおばあさんは、人体ではなくて、自転車に当たったからいいと思っているようですが、たしかに自転車だったからいいようなものの(ホントはまったく良くないんですが!)、もし、小さい子供や、ベビーカーだったらどうするんでしょうか?

へらへら笑いじゃあ、とても済まされることではありません。

ときどき、ニュースで、老人の運転する車が高速道路を逆走して、死傷事故が起こる、というのを聞きます。逆走事故の約7割は高齢者だそうです。

そういう問題ではない、と言われそうですが、何十年も生きてきて、あと何年も余命のない高齢者の、根拠のない自信からくる身勝手な振る舞いで、これから何十年もの人生があったはずの、生まれたばかりの子供の命が失われたニュースなどを見ると、やりきれない気持ちになります・・・。

車でも自転車でもそうですが、基本的に生身の人間にとっては凶器であり、道なかを、刀や鉈や斧を振り回して歩いているのと何ら変わりがないのだ、と心得て、自分が御せる自信が少しでもない乗り物には絶対に乗らないでほしい!と切に願います。

長く生きてきているのだから、長く生きてきているなりの分別を身につけてほしいものです。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
ホームページを開設しました!ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/158-941b08ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。