--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.15

セミナー第二回

こんにちは。スマイラです。

今日は、11月17日に開催するセミナーの打合せをしてきました。

このセミナーは、去る10月9日に開催したセミナーが、思いの外、早い時期に満席になってしまい、その後、申し込まれた方をお断りしていたため、再度開催するものです。

このセミナーでは、「知的財産権のリスクと活用」というテーマで、お話をさせていただいているのですが、活用はともかく、リスクを伝えるのは、なかなか難しいものだなあ、と感じています。

「病気になって、健康のありがたさを知る」というのは、よく言われることですが、知財のリスクもそれと似たようなところがあるような気がしています。

ビジネスをされている方は、リスクばかり考えていては一歩足を前に出せませんから、そこら辺は適当に流して、ビジネスの成長に力を注ぐのは当然かと思います。

最初のうちは、時間的にも資金的にも、余裕がそれほどないでしょうから、それでもいいかとは思いますが(もちろん、早めに手が打てればそれに越したことはありません)、ある程度の時期が過ぎ、余裕ができてきたら、知的財産に関するリスクについても考えた方がいいというのが、私の考えです。

というのも、たとえば、知的財産権侵害をしてしまって、警告書が来る、といった段階になると、内容証明とか、警告書というパッケージだけで、頭が真っ白になり、どうしたらいいのか分からなくなってしまうことが多いと思うからです。

特に、昨今のように、インターネットでのビジネスが増えてくると、相手方(権利者)も、侵害の発見は容易になってきます。

時代の変化は、小資本でビジネスが始められるようになった、という恩恵を与えるとともに、権利者側から見れば、侵害者を容易に発見できるようになった、というリスクも増加させています。

相談できる人や、ちょっとした知識を持っているだけでも、対応は変わってくると思いますので、そういうことを、セミナーの中できちんと伝えていきたいと思っています。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
ホームページを開設しました!ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/148-02ae4794
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。