--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.11

ロングライド

こんにちは。スマイラです。

今日は、天気が不安定だったので、ちょっとした買い物以外は外出をせず、ほとんど終日家にいました。
そこで、読みかけだったこの本を読み終えました。

自転車で遠くへ行きたい。自転車で遠くへ行きたい。
(2008/06)
米津 一成

商品詳細を見る

題名からも分かるように、ロングライドのことについて書かれているのですが、面白かったです!

著者は、沖縄旅行のときに、レンタル自転車で沖縄の海岸線を走ったのをきっかけに、「ツール・ド・おきなわ」に夫婦で参加します。
そして、そのために、ロードバイクを購入します。

「ツール・ド・おきなわ」は、330キロを二日間かけて走りきるイベントらしいのですが、初回参加では、大変な思いをした著者が、200キロ、300キロ、ついには600キロと挑戦していく過程が書かれています。

600キロとなると、24時間以上かかりますので(速い人でも30時間ぐらい。制限時間は40時間!だそうです)、途中で仮眠を取ったり、真っ暗な山道を走ったり、と、すごいことが書かれています。
著者のいうとおり、「スポーツではなくて、アドベンチャー」です。

著者は、途中で居眠りして落車(自転車でこけること。落馬と同じ語感ですね)した経験もあるそうです。

この本を読むと、自分もちょっと遠出してみたいなあ、とは思うものの、片道100キロはきついですよねー。

近いうちに、いつも走っている多摩川サイクリングロードの終点(羽村)まで、往復してみようかな、と思いました。
まあ、そんなんじゃあ、全然、遠出のうちに入らないんでしょうけど(笑)。

羽村までは1回だけ行ったことがありますが、その記憶も薄れかけています。
天気が良くて、河原のキャンプ場に人が結構いたので、初夏から夏だったと思うのですが、自然溢れるいいところだったという記憶があります。

ちなみに、下流の終点の羽田も1回だけ行きました。
このときは、空腹で入った中華料理屋さんが、人生で初めて!というぐらい不味いお店で(空腹で不味いものを食べるのって、拷問以上です、笑)、かつ、帰りは雨に降られて散々で、あまりいい記憶がありません・・。

自転車に興味のある方は、この本、ぜひ、読んでみて下さい。
お勧めします!

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
ホームページを開設しました!ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/144-f5b18788
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。