--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.08

凱旋門賞

こんにちは。スマイラです。

今日のブログは一競馬ファンとして書いていますので(笑)、専門用語(?)が多く、分かりにくいかもしれません。ごめんなさい。

先日のブログで、凱旋門賞のことを少しだけ書きましたが、昨日の凱旋門賞の中継を見た方はどれぐらいいるでしょうか?

いやー、それにしても、返す返すも惜しい、そして、悔しいレースでした・・。
欧州に鮮烈な印象=惜敗のオルフェーヴル―凱旋門賞
スタートから道中は、後方2~3番手で、ちょっと後ろ過ぎるのかなあ・・、と思いつつも、オルフェーヴルはかかりやすい馬だから、前に馬群を置いて走るしかないのか、と思って見ていました。折り合いはついていましたね。

ずうっと、もうちょっと前が飛ばしてくれないかなあ、と思っていたのですが、馬場が重かったのか、あまりペースが上がらなかったみたいですね。

でも、最終コーナーを回って、ものすごい勢いでオルフェーヴルが馬群をゴボウ抜きし、馬群の前を横切るようにして先頭に立ったときは、もうこれで楽勝!歴史的瞬間の到来!と思いました。

しかしまあ、これが競馬ですよねー・・。

騎手のスミヨンはたぶん、レースプラン通りというか、ほぼ完璧なレース運びだったんじゃないでしょうか?

もし、勝ち馬のソレミアとオルフェーヴルが逆の立場で、ソレミアが先に先頭に立ち、それをオルフェーヴルが追いかける形になっていれば、勝っていたんじゃないかなあ・・、と思いますけど、それはあと出しじゃんけんみたいなものです。

斤量59.5キロってのにも、ちょっと驚きましたけど、斤量とか馬場とかアウェーとか、そういうことも全部克服してのクビ差の2着だったと思います。
立派でした。

最後の直線で、オルフェーヴルは数完歩、内側に撚れてました。
あれが、オルフェーヴルの気性によるものなのか、レースでの消耗によるものなのか分かりませんが、私は見ていて、本当に精一杯走ったんだなあ、と思いました。

力負け、というよりは、展開の綾というべきでしょうし、ホント「これが競馬」というしかないレースでした。

関係者の皆さん、お疲れ様でした!素晴しいレースでした!
オルフェーヴルもお疲れ様!慣れない異国の地で、よく走ってくれました!
池江調教師は、何度も申し訳ないと言ってましたが、これだけの結果を出したのですから、胸を張って日本に戻ってきてほしいと思います。
そして、一競馬ファンとしては、次の日本馬の挑戦を楽しみに待っていたいと思います!

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/109-c763590e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。