--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.30

家族でお見舞い

こんにちは。スマイラです。

今、府中では、台風の影響で、大変な風が吹いています。
皆さんのところは、いかがでしょうか?
お怪我などないよう、祈っています。

ところで、今日は、昨日入院した長男のお見舞いに、家族4人で行ってきました。

私がお昼過ぎまで用事があったため、2時ぐらいから出掛けました。

長女と次男は、こんな大きな病院に、まして、自分のきょうだいのお見舞いに行くのは初めてで、話は聞いていたものの、いざ病院に入ってみると、相当腰が引けている様子でした。

長女は、ジェットコースターとか絶叫マシンは比較的平気な子なのですが、こういう医療系の話や状況には、めっぽう弱く、病院に入って、長男のところに行く前に、病院特有の臭いと、点滴を付けたまま歩いているお年寄りとすれ違った段階で、体の力が抜けてしまったようです(笑)。

次男は、何でも怖がりですが、こういう状況は、全然気にしないというわけでもありませんが、長女と較べれば、まだ平気なようでした。

それでも、長男が、面白がって、長女や次男に、管を通した傷口を見せると、二人とも目をそむけて、長女は腰が抜けてしゃがみこみ、次男も後ろを向いて「やめてくれ」と抗議していました(笑)。

次男が、長男に会うなり「お兄ちゃんがいないと、うちの中がすごく静かだよ」と言ったのには、笑いましたが、長男も「お前がいなきゃもっと静かなんだよ」と言い返していました。

きょうだいは他人の始まりとも言われますけど、逆にきょうだいのような、親密でありながら疎遠でもある距離感というのも、得がたいものなのかもしれない、と思ったものでした。

明日は、長女、次男とも、運動会の振替休日なので、もう一回お見舞いに行き、それが今回の入院では最後のお見舞いになると思います。

今回のことを、目と心によく刻み、人生のひとつの小さな糧にしてほしい、と思っています。
もちろん、長男も、私たち親も、そうしなければいけないのですが。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://smiler183.blog.fc2.com/tb.php/101-dd6e1b9e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。