FC2ブログ
2012.07.04

昨日のつづき

こんにちは。スマイラです。

昨日は、独自資産が大事じゃないか、というところまで書きました。

この本の中でも、「独自資産は簡単にマネできない」と何度も書かれています。
マネされにくければ、ある程度の期間、差別化できますし、その期間に新たな独自資産を獲得することもできるのですから、相当に有利です。

独自資産というと、どうしても自分の視点だけから評価してしまいがちです。
そのときに忘れてはいけないのが「顧客(C)の視点」から見た評価なんだろうと思います。

自分の強みだと思っていたところが、案外他人から評価されていなかったり、逆に、自分が普通だと思っていたところが意外に評価されている、ということは、誰もが経験のあることだと思います。

営業職から特許事務所に転職するときの面接で、自分では普通にしゃべっているつもりだったのですが、所長から「元気があって、ハキハキしていていいねえ!」と言われて、「ああ、自分って人からはそう見えるんだ」と思ったことがありました。
結局、私はその事務所にお世話になったので、これは営業のときにいつの間にか身についた習い性が役に立ったのだと思っています。
(ただ、今にして思うと、余りほめるところのなかった私に、所長がそういって自信をつけさせてくれたのかも知れません・・・笑)。

自分の持っている独自資産が何であるか、自分でもじっくり考え、また、私のことをよく知っている人にも聞きながら、顧客の視点からいま一度見直し、事務所の差別化を考えていきたいと思っています。

ご相談は右上のメールフォームからどうぞ!
お待ちしています!

スポンサーサイト



Posted at 23:17 | 開業準備 | COM(0) | TB(0) |